がんになる前に備えよう

先進医療の費用

全額負担になりますが診察と検査と投薬、入院料に関しては保険が適用されます。また、先進医療が受けられる病院は日本でも限られており、種類も全く違います。池袋クリニックに通う際には費用を確認しておくとよいでしょう。

がん治療にかかる費用

看護師

保険の適用

日本人に多く発症するのが胃がんですが、治療費は大体健康保険が適用されるので三割負担になります。そうすると30万円程度を自身で支払うことになるでしょう。

適用されないもの

薬剤や放射線治療だと保険が適用されますが、ベッド代や食事代、病室にあるテレビ代は保険適用外になります。ベッドの場合は平均で5000円程度でしょう。個室になると万を超える事もあります。

先進医療は高い

三大治療と違い、他の治療でがんを小さくするとなれば保険は適用されずすべて実費になります。免疫療法やワクチン等といったものは、技術料がかかるので普通の倍費用がかかります。

仕事ができない時

がん治療で仕事ができなくなっても心配はありません。傷病手当金を利用すればある程度カバーができるでしょう。使用期限は一年と半年で、受給条件は仕事に復帰できないこと、病気で動けないこと、休んでいる間給与の支払いがなかった場合のみです。

保険でまかなう

治療費がどうしても高いと悩むなら、がんになる前に保険に加入することをおすすめします。近年のがん保険は補償内容がしっかりしているので入院中や放射線治療と手術、抗がん剤治療を受ける時も費用負担を和らげることができます。