先に知っておきたい副作用の種類

気になる副作用

診察

過敏症になる

いわゆるアレルギー反応を指しますが、抗がん剤だけではなく他の薬でも発症する可能性があります。池袋クリニックでは、がん治療を開始した後血圧や体調の変化を注意深く観察します。頻繁には起こらないものの、注意は必要でしょう。

嘔吐は多くの患者が経験する

抗がん剤治療が始まると必ず出てくるのが嘔吐や吐き気です。現在は薬で症状を抑えられますが、効きが悪いと体調が優れず辛い状況です。池袋クリニックが提供する免疫細胞療法や、点滴を使った治療に切り替えることで嘔吐や吐き気と決別できますよ。また、副作用を少しでも抑えるにはゼリーやさっぱりしたものを口にすると自然と収まります。

下痢と便秘が続く

抗がん剤治療を始めると、交感神経や副交感神経のバランスが崩れるので腸内環境が悪化することもあります。自然に消滅しますが、長く続く場合下痢止めを処方されるケースもあります。大体は数週間で症状が落ち着くので他の副作用のように心配する必要はありません。

口内炎ができる

菌の感染によるものと、抗がん剤治療の影響で口内炎ができる二つのパターンがあります。口の中に沢山出来ますが、次第に減ってくるので問題はありません。物を食べる時は辛いものを避け、口当たりのいいものにしましょう。刺激を少なくすると治りも早くなります。

脱毛が起こる

抗がん剤治療を開始すると二週間か三週間くらいで脱毛がはじまります。ごっそり抜ける人もいれば少しずつ抜ける人もいます。一度抜けた毛も、治療が終われば前のようにふさふさな状態に戻ります。治療期間中はカツラでなんとかしのぎましょう。

がん治療と副作用

がん治療では、治療方法によっては薬の副作用が出てしまう場合があります。そのため、治療を行なう前に薬の副作用について知識をつけておきましょう。