がん細胞を倒す有効的な方法

がんの三大治療とは

ハートと聴診器

手術で摘出する

がんの病巣を切除することでがん細胞本来を死滅させることができます。比較的小さいタイプのがんは手術慮法でほとんど完治します。ただ切除した部分が体の機能に悪影響を残すこともあります。

化学療法でがん細胞を小さくする

手術では不可能となった時や、他の臓器に転移が認められた場合に採用される治療法です。抗がん剤でがん細胞を小さくした後手術療法に移行するケースもあります。薬剤や血液に乗って全身に広がるので小さいがんを消滅させることも可能です。大きながんを小さくできる点は抗がん剤の大きな特徴でしょう。

放射線で小さくする

がんがある場所に照射をすることでがん細胞を死滅させるやり方です。現在は照射方法が進歩しており、がんの大きさを正確に測りながら治療ができます。ピンポイントで治療ができるので効果は段違いです。

副作用を軽くするには?

吐き気とだるさが心配です

抗がん剤治療の場合脱毛や吐き気、倦怠感がありますが病院で処方される吐き気止めで症状を軽くすることができます。最近は、がん細胞にだけ反応する新たな治療も開発中で実用化されると副作用をほとんど感じなくなります。

手術をした後特別にすることとは

完全にがん細胞が取れたとしても、再発する可能性は十分あります。この場合は予防策として免疫療法を加えるのが一般的になっています。また、がんの進行を抑えることも可能なので病気と上手に付き合うこともできますよ。

検診は重要ですか

最近は各自治体で無料の健康診断が可能になりましたがそれだけでも受けるべきです。ただ、無料の検診だと小さいがんを見つけることはほぼ不可能です。ですから、がん検診を行なっている池袋クリニックへ受診することが望ましいです。

がん治療に限界を感じています

がん細胞が小さくなっても、治療は続けなければならないし患者にとっては辛い事です。がん難民に陥っている場合は、治療を継続するために他の治療を提案するクリニックを探しましょう。体力が戻れば普段通りの生活に戻れます。

今からできる予防策はありますか

毎年検診を受けることが大切になりますが、普段からがんに直結するような食事と生活習慣を改めることも重要です。例えばタバコやお酒をほどほどにしたり、胃に優しいメニューにしたり等これだけでもがんのリスクを抑えることができます。